オリジナルCocoonスキンで運用中。詳細はこちらから

デッキあれこれ

MTGアリーナ
この記事は約2分で読めます。

ずっとさぼっててすいません。
今回は前環境のスタンダードデッキだけリスト画像で紹介です^^;
とはいえ、4~6月はプラチナどまりだったのであまり役に立つリストではないですがw

イゼットウィザード

現行のイゼットウィザードのリストがでるよりもはるか前から握っていたイゼットウィザードで、とにかく、速やかに勝負をつけるリストにしてるので成績を残しているウィザードよりもよりアグロです。
というか、灯争大戦剥きだして早い段階でケフネト2枚来たので使う形を模索してたらこれにたどり着いたというのが本音。
溶岩走りは秘儀術師とのディスシナジーが正直きつい印象なので最終的なこのリストでは全抜きです。

M20が導入されたら2マナ2/2飛行速攻のウィザード・エレメンタルが入る予定w

スゥルタイケフネト

ケフネトを使おうその2
このデッキに関しては相当紆余曲折してますが、現状はこの形で落ち着いてます。
ベースの考えに採用したのは、「スゥルタイ・コンシード」です。
非常に面白いと思っていたので、ケフネトと同時期に拾得が手に入ったのを機に組み始めてみました。
Bo1では回復手段がそれなりに揃っていないときついのですが、ハイドロイドに加えて永遠神の投入という手段が増えたのでかなり楽になった気はします。
ただやはりピーキーなデッキなので安定させるにはもう少し調整は必要かと。

サイドはややBo3を見越しての構成ですが、正直Bo1寄りの構成が難しいw

オルゾフミッドレンジ

行弘プロの配信見ていて面白そうだったのと、後述の続唱構築戦でソリンを4枚にしたこともあって作ったオルゾフミッド。
ちょっと除去が濃いめな気もしますがまぁまぁ動くのでこのままにしています。
というか、輝かしい天使とソリンの常在能力のかみ合わせが異常w

ゴルガリ城塞

どこかでリストをぱk……インポートしてきたゴルガリ城塞デッキですが、枚数が足りない部分を戦争の犠牲で補った形です。
存外、補った戦争の犠牲がいい働きをしてくれてます。

最終盤の主力デッキでした。

災厄がやってくるYahYahYah

最近、本格的に配信をはじめまして、そこに初心者さんが来たので初期赤デッキの竜の火を魔改造してできたのがこのデッキです。
私が作るデッキはだいたい尖りきってるのでハマれば強いそうでなければ即死というわかりやすいデッキだったので多少粘れるようにしましたが、結局災厄の行進頼みなのでハマらなければ弱いままですw

コメント

タイトルとURLをコピーしました